toggle
2021-11-14

タイス・レマンス個展 森の守護者たち

2021年12月18日(土)〜12月25日(土)
11:00~18:00 会期中無休 

ウクライナのレマンス・タイス大学で装飾・工芸美術および民俗芸術を専攻、卒業後はデザイナーの仕事をしたり、ウェディングドレスなどのドレスの装飾の担当、宝石加工の下絵、陶磁器の絵付けなどの仕事の経験を通して様々な技法と知識を習得。テディベアは2012年から制作を開始しました。異なる素材(樹脂粘土、ウール、布など)を緻密に重層に重ねた贅沢なつくりと、異なる技術の組み合わせ(フリング、ニット、造形、意図やビーズを使った刺繍)を得意とします。ウクライナ北東部の都市ハリコフ在住。
異素材を緻密に組み合わせる美しく贅沢な手仕事は、ぜひ直に目にして頂きたいものばかりです。
※本展では作家は来日しません。

INFORMATION

【出品作品について】

・価格リストや追加情報は随時こちらで更新いたします。最新情報はノンクプラッツのtwitter、このページでご確認ください。

【作品お取り扱いについてご注意】
「森の守護者たち」には護符としてのヤドリギをモチーフにした飾りが付いています。すべて本人が粘土で造形制作しました。それらを固定させていますが、弾力があり力を加えると少し動きますので予めご了承ください。強い力を加えると破損の原因となります。お取り扱いにはお気を付けください。

【初日について】12月18日(土) 終了

・事前来廊予約は不要です。
 開店前にお越しになる場合は、10:40〜11:00のあいだにノンクプラッツにいらした方で抽選で入店・清算順を決めさせていただきますので、その時間帯にお越しください。敷地は車道に面して危険になりますので、それ以前の時間帯にお越しにならないようお願いいたします。
 11時以降にご来廊のお客様は、抽選のお客様のご清算が済んでからご案内させて頂きます。
・ギャラリーにはそのときの様子で2〜3人ずつお入りいただきます。順番がくるまで、別室・スペースでお待ちください。


【購入点数について】

会期中の購入点数は、会期中は通販を含めお一人1日につき大きな作品(箱付の動物)と小さな作品(袋付の動物)については各1点に制限させていただきます。絵と作品集はこの限りではありません。
袋のつかない小さな動物(ブローチ)と作品集(予定)はお持ち帰りいただけます。
その他の作品については、会期中展示のご協力をお願いいたします。ご来廊された方の送料はギャラリーが負担いたします。(通販の送料はご購入者負担とさせていただきます。)
なお、作品はご本人のための購入に限らせていただきます。

【お会計について】

ギャラリー、通販ともにクレジットカード、交通系カードなど使用可能です。

【通販について】終了しました

・12月18日(土)18:00より、下記専用フォームのみにて先着順にて受け付けます。
・同じ作品のお問い合わせが重なる場合、店頭のお客様を優先させて頂きます。
・お支払いは基本的に代引き発送でご集金とさせて頂きます。送料はお客様ご負担とさせて頂きます。
・配達指定日時は12月27日から2022年1月3日までをご指定ください。年末年始のため輸送が遅延する可能性もありますので、予めご了承ください。
・お買い上げ合計額が1万円以上の方は代引き手数料をサービスさせて頂きます。1万円未満の場合は代引き手数料330円を加算させて頂きます。

※クリックポストでの発送
「作品集(制作予定)」のみ、クリックポストでの発送をご指定頂けます。この場合、送料198円を含めた代金を12月24日(金)午後5時までに指定口座まで銀行送金を完了して頂きます。

受付終了しました

イベント

12月24日(金)・25日(土)は年内営業最終日となります。
お礼の気持ちをこめて、ささやかな飲食をご用意してお待ち申し上げます。

本展のための新作画像(右奥の狐は制作中に撮影したものです)

「森の守護者たち」展に寄せて - タイス・レマンス

私は2021年のFANTANIMA!のテーマ「mebuki」(芽吹き)に大変感銘を受けました。
たくさんのイメージ、思い、アイデアが私の脳裏に浮かびました。そこで自分の展覧会でもこのテーマをさらに深めようと思ったのです。
この展示ではどのキャラクターの表現も生命の調和を目指しています。植物と動物と人間の世界の調和。自然と環境を注意深く見守ること。
だから私は動物たちを擬人化しています。身体は刺繍で植物や魔法の模様などで飾りました。人間と自然、自然と人間という変わらない関係において、調和を保つこと。それがこの星における幸福と繁栄に至る唯一の方法なのです。

出品作品紹介動画

森の守護者たち – The Keepers of Forest –

※本ページでのサイズ表記はすべて足を伸ばした状態での全長サイズになります。

鹿 – Deer

「鹿」には聖なるシンボルがついています。鹿は精霊の化身として、魂の成長と進化を表わします。
ヤドリギ:たくさんの伝説や儀式、不思議な伝説があり、不思議な力を持つこの特別な木は守護、愛、家や治療 のために使われます。ヤドリギの一束だけでも家にはびこる様々な穢れを祓う力があります。この木は永遠の命の象徴なのです。
: 月は女性の力、女神、富と豊穣の化身。満ち欠けで生成を繰り返す月の姿は再生、永遠を象徴します。
胸の魔除けの刺繍:偉大なる力の結集。円は太陽、無限の生命の循環、内なる光の象徴。 三角は世界の三要素(神、現世、死)の融合。この三要素は平和、調和、生命力、苦難や不和を克服する力となります。

26cm
ボディは布で縫製。ポリエステル綿とメタル粒を詰めてあります。 ヘッド、腕、足は日本のラドール(石塑粘土)で成形。水彩、アクリル絵具で着彩。 腕はワイアーで強化、曲げることができます。腕、足、ヘッドは可動。グラスアイ使用。 ヤドリギの枝は日本のモデナ(樹脂粘土)とガラスを使用。 衣装は綿素材(脱着不可)。作家本人による刺繍。使用ビーズは日本製。

梟 – Owl

「梟」にも鹿と同様、聖なるシンボルがついています。
ヤドリギ:たくさんの伝説や儀式、不思議な伝説があり、不思議な力を持つこの特別な木は守護、愛、家や治療 のために使われます。ヤドリギの一束だけでも家にはびこる様々な穢れを祓う力があります。この木は永遠の命の象徴なのです。
: 月は女性の力、女神、富と豊穣の化身。満ち欠けで生成を繰り返す月の姿は再生、永遠を象徴します。梟も女性の力や天界の女神の象徴でもある月をつけていますがこちらは満月になりかかっている月です。
生命の木: 生命の木は宇宙の中心にあり、地上のすべてに つながっています。永遠の命、誕生、子孫繁栄、 豊穣と富の象徴です。種をまいたところから 枝が伸び実をつけて次の世代を育みます。

26cm
ボディは布で縫製。ポリエステル綿とメタル粒を詰めてあります。 ヘッド、腕、足は日本のラドール(石塑粘土)で成形。水彩、アクリル絵具で着彩。 金箔も使用。ヘッドは回転式ジョイント。 腕はワイアーで強化、曲げることができます。腕、足、ヘッドは可動。グラスアイ使用。 衣装は綿素材(脱着不可)。作家本人による刺繍。翼にはコットン、フェルトを使用。

鳥 – Birdie

この鳥のからだで、自然界のキノコや苔、羊歯やヤドリギの枝が共存しています。巣の中の卵は生命の 輪廻と不滅の象徴です。鳥の衣装には羊歯(シダ)が刺繍してあります。
羊歯:一年に一度、6月のイワン・クパーラの祭りの日 に花を咲かせるといいます。その花は、宝物が埋められ ている場所を示す力があるそうです。 この言い伝えから、羊歯の花を見つけた者は 知恵と幸せな人生を授かると言われています。 羊歯については、古代スラブの時代から 森の秘密にまつわる神話や言い伝えが たくさんあるのです。 この鳥の翼は、少し変わっています。 ヤドリギの葉の形をしているのです。 この鳥は森の守護者なので、普通の鳥とは違うのです。

22cm
ボディは布で縫製。ポリエステル綿とメタル粒を詰めてあります。 ヘッド、腕、足は日本のラドール(石塑粘土)で成形。水彩、アクリル絵具で着彩。 腕はワイアーで強化、曲げることができます。腕、足、ヘッドは可動。グラスアイ使用。 ヤドリギの枝は日本のモデナ(樹脂粘土)とガラスを使用。 キノコの帽子と背中の羽はサーニット(樹脂粘土)で油彩。 衣装は綿素材(脱着可)。作家本人による刺繍。

狐- fox

「大地には目があり、森には耳がある。沈黙のなかで私は 耳を傾ける。」 古いオランダのことわざが頭をよぎり、このキツネ(Kitsune) を生み出しました。 彼には沢山の目がつきました。彼は存在のすべてで、彼 自身と周囲にある世界をじっと見つめています。
九尾のキツネは 体が白や金、銀色に変わり、神の知恵と 力を持つ存在になると言われます。 私の狐も9本の尾がありますが、それは 背中から生えています。角は向上心、精神の たゆまなき成長、進化への野望の象徴です。

25cm ボディは布で縫製。ポリエステル綿とメタル粒を詰めてあります。 ヘッド、腕、足は日本のラドール(石塑粘土)で成形。水彩、アクリル絵具で着彩。 金箔も使用。ヘッドは回転式ジョイント。 腕はワイアーで強化、曲げることができます。腕、足、ヘッドは可動。グラスアイ使用。 角はサーニット(樹脂粘土)に油絵の具で着色。 衣装は綿素材(脱着不可)。作家本人による刺繍。

この新作では宇宙に関するシンボルがたくさん使われています。

そのうちのひとつはヤドリギ。どうして? 寄生の植物だけど、それだけじゃない…
私が最初にヤドリギを見たとき、異様な鳥の巣に見えて驚きました。私にとってはそれは本当の魔法でした。息をするのを忘れるほど、ずっと見つめてました。細くて折れやすい枝、半透明の真珠のような実。
ヤドリギについてはたくさんの伝説や不思議な話があります。ヤドリギには特別な魔法の力があると信じられ、おまじないに使われます。

ータイス・レマンスー

 「ヤドリギ」(Wikipediaより)

小さな動物たち(手作りの布袋付)

小さな動物人形たち 造形部分(足、羽、ヘッドなど)は ラドール(石塑粘土)で手で成形し、水彩絵の具とドライパステルで着彩し仕上げ材で定着させています。グラスアイ使用。刺繍や日本製のビーズを縫い付けたりするのは、すべて手仕事です。それぞれに手作りの可愛い袋がついています。

「子鹿」15cm

※「アナグマ」はリストと専用袋にはBeer、制作証明書ではPandaとあったため、「パンダ」に修正させて頂きます。混乱を避けるため、このページのリストでは「アナグマ」のままの表示とさせていただきます。

ブローチ

7~9cm 背面にピンがついています。

絵画作品

直径15cmくらいの手作りのフレームに水彩、ペンなどで描かれています。※フレーム周辺の飾りは作品に付随しません。

賢者の梟

既出作品

これらの作品は作品集に掲載されていません。

「蝉」8x5x3cm 樹脂粘土、布
レマンス作品集「森の守護者たち」 
A5判全20ページ 
本展出品の新作をすべて収録 限定40部 税込550円

関連記事